心臓の強さって何だろう?その1 - ぽち助の自転車小屋

心臓の強さって何だろう?その1

まいど!こんばんは、ぽち助です。


雨やけど休みやで!


明日も天気悪そうやけど
休みですねぇ。
最悪ローラーかなぁ。


ブログ更新応援してくださいまし!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


さて今日は心臓の話。


ハートが大事だよ!!


ハートフルでね!!
って違うよ!
そっちの話じゃないよ。
心臓の事。


スポーツ心臓って聴いた事ありますか?


スポーツ心臓とは・・・
スポーツマン(特にランナー)は心臓が強くなっており、一回あたりの血液を送れる量が多いので、
心拍回数が少なくて済むんです、これをスポーツ心臓と呼びます。



とこれがスポーツ心臓の説明なんですが、ここで重要になってくるのが
安静時心拍数
なんです。
安静時心拍数とはなんぞや?って言いますと
何もしていない時(横になっている時、座って何もしていない時)の心拍数のことです。
先程の説明にもありましたけど
スポーツ心臓を持っている人は一回で血液を大量に送る事が出来るので
この安静時心拍数も下がるんです。
という事は・・・


安静時心拍数を計測するとスポーツ心臓を持っているのかわかる!!


って事なんですね。
一応年齢によっても若干変化はあるみたいなので
あくまで目安ですけどね。
ちなみに


参考情報:
○男性の安静時心拍数
平均:68、中央値:66、標準偏差:12、上位2%:47、上位1%:45
○女性の安静時心拍数
平均:70、中央値:68、標準偏差:12、上位2%:49、上位1%:47


これが参考値だそうです。


さぁ、ぽち助さんは一体どれくらいなんでしょうか!?


さて今回はここまで、次回お楽しみに。
それでは、またの機会に。


心臓ってそんな簡単に鍛えられるものじゃないからね!
持って生まれた才能もあるんだろうか?
疑問に思って次の記事も読みたいと思ったらぽち押してよ!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント