お山練で僕は死ぬ - ぽち助の自転車小屋

お山練で僕は死ぬ

こんばんは、ぽち助です。

前回のメンテナンス記事を書こうかと思ってたんですけど、実走はなるべく新鮮なうちに
書かないと記憶が定かではなくなってしまうので、先に書こうかと思いますよ。
ていうかサイクリング行く度に死んでる気がするな・・・。

はてさてそれでは、今日のサイクリングについて書いて行きますよ。
まず前日遡り、明日は休みだしどこか行きたいなぁと思い、徐に僕はネットで地図を開く。
「ん~、木津川はこの間行ったし南側も行ったなぁ、他に行ってないとすれば・・・」
そこで目に付いたのは・・・

地図

そう、僕が住んでいる大阪は高槻市の北側に広大に広がる山!!
ついこの間、京田辺の山で「ぜぇはぁ」なるのは楽しかったし、ヒルクライム練習するには持って来い!!
しかし、僕は今まで「あえて」北側には行っていなかったのです・・・。
なぜなら・・・勾配が半端ないの!!本当に。
剛脚なベテランローディ様には分かって頂けないでしょうが、平均勾配5%でも十分きついよ!
平均って事は0があると10があるってことだからね!?
坂道だから0がないとすると10%越える坂道??あんたバカぁ!?

だけど本当にバカなのは・・・僕なんです。
「こんな坂道登ったら「ぜぇはぁ」しちゃうだろうなぁ(ドキドキ」
ドキドキじゃねぇよ!死んじゃうよ!でもドMだからしんどい事しちゃうよ!
心と体は裏腹、あると思います!
なのでお山ヒルクライム行っちゃいますよ。

地図2

そんでもってどこに行こうかと言うと、「STRAVA」でも区間計測が結構行われていた「柳谷」です。
平均勾配5.2%、最大勾配10%強だそう、登ってるときはもっときついところあったけどね!!

それでは、当日の朝

IMG_2524.jpg

いつもの様に家の前でぱしゃり!
若干急いでいたから、写真ぶれとるw
今日はちょいと寒かったので上着はいつも通りヒートテックもどき+フリースインナー+ウィンドブレイクジャケットですが
下着はサイクルパンツ+ウィンドブレイクパンツの組み合わせ。
後々考えればウィンドブレイカー持って行った方が良かったなと思ったよ・・・。

とりあえず淀川の西側の河川敷を走って島本町まで行きますよ。

IMG_2525.jpgIMG_2526.jpg

これが府道14号渡ってきたところらへんですね。

IMG_2527.jpgIMG_2528.jpg

僕も最初完全に迷子になったのですが、ポンプ場の南側のところに河川敷の入口があります。
自転車用の入り口ないけどローディの人いたし、入っても大丈夫?だと思いますw

IMG_2529.jpg

これ写真でわかるかわからないんですけど、小さなお子様達が凧揚げしてはりましたよ。
もれなく、糸引っ掛けられるっていうね・・・まぁ子供だからしゃぁない。
でここでお気づきの方もいるかと思われるんですが、これだけ蛸が高く飛ぶって事は・・・
半端じゃないくらいの爆風ですよ!
けど行きは追い風なので楽チン!・・・って言うことは帰りは・・・あっ(察し

IMG_2531.jpgIMG_2532.jpg
IMG_2533.jpgIMG_2534.jpg

島本付近まで到着(実は出口間違えてる事に後から気づく)
右下の写真の信号のところに出るつもりだったんですけどね、完全に間違えたw
でさらにここから迷子になるorz

地図4

赤いところが本来通ろうと思っていたルート、青いところが実際に通ったルート
いや、違うんですよ。言い訳させて下さい。
目の前にね?ローディさんがいたんですよ、本当に速そうな人がね?
本能的にね?追っかけるじゃないですか。
「あぁ、この人もヒルクライムトレーニングしにきたんだろうなぁ、あっこの人に付いていけばええんちゃうか!」
って思うじゃないですか。
でね追っかけて行った訳ですよ、けどやっぱり速くてちぎられるんですよね。
もう気づいた時には完全にルート行き過ぎてて、青いルートから登る方が近いやんって状態だったので
青いルートから登りましたよ!
っていう言い訳でした、はいはいルート確認してない僕が悪いですけど、それが何か?(逆ギレ

さてさてとりあえず行きましょう。

IMG_2535.jpg

目の前に突如現れる激坂。
まじですか・・・これ登るんですか・・・はぁはぁ(ドM
登りますよ登りますとも!
で坂を上りきりトンネルを過ぎると・・・

IMG_2537.jpgIMG_2536.jpg

さぁここからが本当の地獄の始まりだ!!
・・・今回はここまで!次回にご期待ください。
それでは、またの機会に

ヒルクライム大好きだぜって方はぽちして下さい!ぽち助だけにね!

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント