夏場ロードバイクに乗る時の熱中症対策その2 - ぽち助の自転車小屋

夏場ロードバイクに乗る時の熱中症対策その2

まいど!こんばんは、ぽち助です。


お休みは今日までだよ!


本当は昨日までだったんですけどね。
今日は仕事無いよ!って言われたのでサボりですw
明日からはいつもの日常ですよ~。


さてさてまたまた熱中症対策のお話。


前回の記事にコメント頂いたので、乗っけておきますよ!







こんな感じだそうですよ!
水掛けるのは血液が冷やせる場所がいいのですねぇ。
後、首の後ろを冷やすのではなくて、首の横「頚動脈」を冷やす様にしましょうね。
そしてスポドリよりハイポトニック飲料なんですね。
普通のスポドリはアイソトニック飲料と呼ぶそうです。
ちなみに、アイソトニックとハイポトニックとは?

アイソトニック
「成分が体液に近い飲料水」
血液や体液と同じ浸透圧のもので、体に良い水分補給を考えたドリンク。
糖質が約6%含まれています。(一般には8%)
激しい運動の直前や最中に飲むと、急に血糖値が上がりインスリンが過剰に分泌され、逆に低血糖になることがあります(インスリンショック)。

ハイポトニック
「体液より低い浸透圧の飲料水」
少量ずつでもすばやく吸収されるのが特徴のドリンク。
糖質が約2.5%含まれています。
アイソトニック飲料を薄めて使ってもよいです。

なるほど、あまりに一気に糖質を摂取してはいけないって事ですね。
これなら500mlのスポドリを薄めてボトルに入れるのもありですね!


さてさてでは本題の熱中症対策ですけども水掛けたり、スポーツドリンク飲んでも
やっぱり物理的に冷やすのが一番早い!!
そんなときにはこんな物があるみたいですよ!


neck-cooler-11-min.jpg


言うなるネッククーラーってやつですね。
このネッククーラーってやつは、水などに浸して気化熱を利用して使用するもんなんです。
先程のツイートにもありましたけど、首には太い血管が通っていますので、
そこを冷やしてやると血液を冷やす事も出来るんです。
なので、ネッククーラーってやつはとても効率よく体を冷やせるんですよ!!


しか~し最近の猛暑からするとこれだけじゃちょっと・・・


そんな時はこれ!!


51xpUVQPqwL.jpg


叩いて瞬間冷却!!ってやつですね。
本当に緊急時などに使用するって感じですけど、こういう物が一つあるといいですよね。
体を冷やすって言うのにも使えますし、最悪落車した際などにも、負傷した患部を冷やす事も出来ますから
荷物にはなりますけど、役立つグッズだと思います。
あっ、こういうものって直接肌に当てたらダメですよ!
タオルなどに巻いて使って下さいね。
急激に冷やすと血管が収縮して、血液の流れが悪くなり、めまいなどを起こす可能性がありますからね!


暑さに慣れている人でも、急激に体調が悪くなるって事もありますからね。
「備えあれば憂い無し」ですよ!


さて今回はここまで、次回お楽しみに。
それでは、またの機会に。


熱中症は本当に怖いですからね。
皆さん注意して下さいね!
記事が面白かったと思ったらぽちしていってくださいまし!


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント