ペダリングについて考える~実験2(検証1)~ - ぽち助の自転車小屋

ペダリングについて考える~実験2(検証1)~

まいど!こんばんは、ぽち助です。


本日は休養日ですよ!


僕はそんなに強い人間じゃないからね。
休養日でも作らないと死んじゃいますよ!
でも、明日は走りに行くけどね!


トレーニング応援してやんよ!って人はぽちって下さいまし!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


さて~、ペダリング実験2検証1個目行ってみますよ!


まずは、ペダリングの意識でダメージを軽減させられるか?
とりあえず最初にstravaのログを載せちゃうと

実験2-1

ログを見てもらうわかると思いますけど、合計4本登りました!
これから考えられる事は・・・


実験は成功!


と言えるのではないでしょうか?
ってな訳で何をやったかを説明しますとですね。


意識した事は、引き足の角度・踏み足との比率
たったこれだけでも1、2本でひいひい言っていたのが4本も登れる様になるんです!
どうです?簡単でしょう?(なんか変なテレビショッピングになっちゃった
図に示すと前回も出したこいつ。


IMG_3807.jpg


これが後乗りの時のペダリング書いたの絵ですね。
平坦の時はこうですがこれが登りになると・・・


IMG_3808.jpg


こうじゃ!
極端に考えるとねw
実際、平坦ペダリングの角度を変化させた感じです。
ただ違うところって言うのがね。
最初の実験内容の説明の時にも言った通り地球にはね
重力ってやつがある訳ですよ!


ペダリング説明1


そうなるとですね
普通平坦だと道路に対してペダルを平行にしていますが、
その角度も坂の斜度によって変わる訳ですよ。
基本重力に引っ張られる方向にペダルを踏む。
これが本当に大事!
変な方向にペダリングしてるとせっかく掛けている力が2~3割は落ちます。
それが後々のダメージに繋がるわけですよ。


それと力の掛け方。
踏まないはあくまでも、「必要最低限以上には踏まない」ですからね!
なので、坂の場合は斜度が上がれば踏む力も掛けないといけません。
ここらへんは自分自身の能力に関わるところでありますし、
臨機応変にですよ!


今回はここまで、次回お楽しみに。
それでは、またの機会に。


さてさてダメージ軽減に関してはこんなものかな?
しっかりとダメージ残さず走ったぽち助は次に一体何をしたのか?


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント