ペダリングについて考える~実験1続き~ - ぽち助の自転車小屋

ペダリングについて考える~実験1続き~

まいど!こんばんは、ぽち助です。


なんか気づけば木曜日!


今週はなんだか過ぎるのがやたらと早いですねぇ。
仕事がかなりハードだから余計なのかな?
明日は病院行かないとだから定時上がりだなぁ~。


ブログ更新応援してやんよ!って人はぽちって下さいまし!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


はい~、前回の実験1の続きですよ。


前回は足の使い方・体の使い方を書きましたね。


で、今回はですね、前回も書いていましたけど、座るポジションによってペダリングも変わる
と言うところをもうちょっと掘り下げていこうと思いますよ。


image5.jpg


まず、座り方として前乗り・後乗りがあるのはもう言わずもがな知ってらっしゃると思います。
前乗り後乗りでは全身に変化があります。
上半身はハンドルとサドル位置で決まります。
足はペダルが固定されているので、動かせる範囲はサドル位置(腰の位置)で決まりますね。
で、この腰の位置で足の位置が変化するという事は・・・。


maevsushiro.png


上の図でもわかると思いますけど、足の曲がり方が変わりますよね。
腰を後に引けば、前に足が来た時に伸び気味になりますし、
逆に腰を前に出すと後に足が来た時に伸び気味になる。
で、前回も書いていたと思いますけど通常乗りの場合は、
後にポジションを構えている事がほとんどです。
その場合は前回にも説明した通りのペダリング。


で、問題は前乗りした時のペダリング。


前乗りした時は、先程も書いた様にペダルが後に来た時に、足が伸びてしまいます。
ですが、基本的にはやってる事は変わらない。
ただ引く位置が変わるのをしっかり頭の中で入れ替えれるか。


1964_medium_fabian-cancellara.jpeg


世界のTTスペシャリスト・カンチェラーラ。
この写真から見て分かるように、踏み足はそのままで
引き足の踵が上がる!
でもこれって実際、ただ体が前に行ってる分踵が上がってる様に見えているだけ。
足に対して、しっかりと足首から下が垂直になってますね。


だから基本的に引き足は前になろうが後になろうが、変わらないのですよ!


ただし!引きと踏みの位置と配分が変わる事を頭に入れて欲しい。


IMG_3788.jpg


下手くそな絵(手書き)だよ!
前乗り・後乗りの配分はこんな感じになります。


IMG_3789.jpgIMG_3790.jpg


更にペダリングの引き足踏み足の違い。
赤が前乗り・黒が後乗りね。
力のかかる方向が全然違いますね。


前乗り後乗りの違い分かって貰えましたでしょうか?
乗り方は状況によって変わる!いや変えるですよ!
かなり確信的なところまで書いてしまったけど大丈夫かな・・・。
某所から消されないかな・・・。


今回はここまで、次回お楽しみに。
それでは、またの機会に。


まだまだペダリングは考える余地がいっぱいありますね。
これからも実験は続く!
実験内容を書いて欲しくば、ぽちしていきなさい!
いや、ぽちしてくださいまし!


にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント