ホイール重量から考える限界速度~WH-501編〜 - ぽち助の自転車小屋

ホイール重量から考える限界速度~WH-501編〜

まいど!こんばんは、ぽち助です。


デスライドで本当の死を迎えるかと思ったよ!


昨日、ラグさん・たけさんと大台ケ原までライドに行って参りましたが、
危うく私死んでしまうかと思いましたよ!
詳細はまたブログに書かせて頂きますが、まさしくデスライドでした。


デスライドで死亡しそうな僕を応援してやんよ!って人はぽちお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


さてさて皆様お待ちかねホイールのお話。


まずは、僕が普段のローラー練や実走トレーニング時に使用している
シマノ WH-R501から検証しようと思います。


このR501は、105完成車などに入門ホイールとして
取り付けられている事が多いまさに「鉄下駄」です。
鉄下駄など大層な事を言っている様に聞こえるかもしれませんが、


本当に重い!


フロント1260gリア1860g(実測)ですのでホイール周りだけで
なんとその重量3120g!!
僕のロードの重さが装備無しの重量で10kg弱な事を考えると
凡そ、1/3がホイール重量である事が分かりますね。


その重たい重たいR501ですがデメリットだけでは無い!


その重さ故の頑丈さ!
ちょっとやそっとじゃ壊れません。
最初に立ちゴケなどしてしまってお高いホイールを壊してしまうくらいならば
R501を取り付けておくのが、安心でしょう。


では、ここからが本題!
実際R501だと平地・登り・下りどれくらい速度が出るのか?
はたまたどれ位、それを継続出来るのか?
登り・下りは参考程度に。


とりあえず、今現在の私のおおよそのスペック
身長 173cm
体重 69kg
体脂肪率 16%
FTP 209w(だいたい)
ウェイトパワー 3.02kg/w
週平均トレーニング時間 7〜8時間


では、まずは平地、こちらのデータを見て頂きたい。


スプリント1


先日の堺浜、スプリントポイントでの記録です。
おおよそ40kmからスプリント開始して最高速度が52.9km。
今までの中で最も速いスプリントでした。
その他でも色々検証した結果・・・


今の僕の場合は、最高速は53km前後


どんだけ頑張ってもこれ以上出ません。
50kmくらいから足が回らなくなって、限界を迎えます。
ん~、もっと足がある人だったら最高速出るのかもしれませんが・・・。
今の僕にはこれが精一杯・・・ルパンか!


下りの性能は・・・わからんw別に早くも遅くも無い。


登りは、確かに重量が効いてくる事はありますが、短い距離に関しては問題無いです。
短い距離って言うのは10kmくらいまでですね。
20~30kmの長い登りやアップダウンの繰り返しですね。
ロングライドの登りでは特に重量が足に来ます!
ロングライドをトレーニングと称して、鉄下駄履いて行くと痛い目見るZE☆(自虐


とこんな感じです。
そんなに検証的な物ではないなw
もうちょっとデータ取らないとだめか。
さ~、今回はこんな感じで、次回は決戦用ホイールでお試しするよ!
それではまたの機会に。



次回の検証の為に是非ともぽちして下さいね!
ぽちしてくれないと・・・(ry
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント