ホイール重量から考える限界速度~比較編~ - ぽち助の自転車小屋

ホイール重量から考える限界速度~比較編~

まいど!こんばんは、ぽち助です。


仕事場の暑さがやばいっす!


いや~、職場が暑すぎて汗が止まりません!
この時期なのに40~50℃くらいありますからね。
熱中症に気をつけないと・・・。


トレーニング応援してやんよ!って人はぽちお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


今日はホイールのお話。


皆様ホイールはどんなホイールをお使いでしょうか?


僕が今現在使用しているホイールは2本。


IMG_2964.jpgIMG_2867.jpg


日常のトレーニング用にシマノ WH-R501
決戦用に はたのサイクルさんオリジナル 手組みホイール
です。
最近はもっぱら扱いやすいR501しか使ってませんけどねw


で、ですよ。
このR501持ってる方、使った方ならわかると思いますが…


激重!!


なんですね。
どれくらいの重量か内訳を書くと
ホイール フロント875g リア 1126g
クイック 87g
スプロケット 232g
タイヤ 210g
チューブ 78g
合計 フロント 1250g リア 1733g
実測 フロント 1260g リア 1860g
になります。

対して決戦用手組みは
ホイール フロント570g リア 780g 変更
クイック 87g
スプロケット 232g
タイヤ 180g 変更
チューブ 68g 変更
合計 フロント 905g リア 1347g
実測 フロント 957g リア 1370g
です。
それぞれで見比べてみるとかなり違いますね。
で、ここからが本題!


本日の議題はホイール重量から考える限界速度の比較。


一体ホイール重量が違う場合どれくらい最高速が違うのか?
またその持続性・感性はどのように変わるのか?
です。
ん~、これは興味深い検証ですね。
軽量化による速度維持やヒルクライムでの性能は前にインプレしましたね、確か。
あれ?してないか。
これもまた検証して行こう。


あっ、そうなんです検証はこれからなのでお楽しみに!


今回はここまで、次回お楽しみに。
それでは、またの機会に。



皆様のおかげでブログ続けて行けます!
良ければワンぽちお願いします!ぽち助だけにね!

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。
ネタ潰しやまったく違う意見を書いてしまってもいけないので詳しくは書きませんが、
やはりどんなパーツでも「人との相性」ってものがあるよね~と思うようになって
きました。
例えば私がヒルクラチャンピオンの使っている超軽量バイクを借りてレースに出ても
まともにまっすぐ走らせることすらできない可能性があるな、と思います。

Re: No title

>まささん
まいどです。
人との相性あると思います!
フレームにしろ、ホイールにしろ、それこそウェアであっても
千差万別で好みは別れると思います。
今回はちょっと角度の変わった検証をしてみたいなと言う、あくまで
自分の為の実験ですのでご容赦頂きたい!