先輩とライドinSKHその2 - ぽち助の自転車小屋

先輩とライドinSKHその2

まいど!こんばんは、ぽち助です。


トレーニングしんどすぎぃ!


月曜日のトレーニングが一番つらい・・・。
日曜日を休養日にすると、休養日明けが一番疲れる。
でも休みは作らないとね!詰め過ぎ注意!


トレーニング応援してやんよ!って人はぽちお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村


さてそれでは昨日の続き。


先輩と合流して周回を走り始めます。
とりあえず一周目は僕のウォーミングアップの為に流して引っ張ってもらい
2周目から本格的にスピードを上げて行きます。
「今日は暑いから早めにローテ回して行こう!」
と言われたんですが…


こいつが厄介なんですよ!


何故かと言うと、先輩→体力あるから1周ぐらい引く→僕も頑張って引かないとと思って引く
→どんどん体力が削られて行く→最終的に千切れる
と言うのが、毎回の構図なんですね。
なので今回は先に確認しておきました。
何を確認していたってそりゃぁ…


「僕が引くの半周くらいで良いですよね!?」


下衆いと言われても、これぐらいハンデが無いと着いて行けないんだよ!
言わせんな、恥ずかしい。
それに対して先輩は


「別にそれで構わんで、ゆっくり走るから大丈夫や!」


といつものローディージョークを…
もう、その言葉信用して無いですけどね♪(´ε` )
とりあえず自分のローテが回ってきた時には半周程引っ張って交代。
で、1時間程走ったところで先輩のトイレ休憩。
あっ、この時のラストスプリントは見事制しましたよ!
先輩曰く「トイレ行きたくて踏ん張りが効かんで勝たれへんかったわ!」
と言っていましたが…


勝った者が全てなのですよ!ははは!


とは言えませんでしたけどねw
「いやー、そりゃ僕程度がそんな簡単に勝てないっすよねぇ、へへ」くらいにしか…w


気をとり直して2本目に入って行きましたが、僕は1本目の時から考えていた事がありました。
それは、「何故かいつもより楽に着いていける」事。
いつも通りなら、一本目が終わった時点でヘロヘロで2本目は早々に千切れるのがお決まりなんですが、
今回はスプリントもしてるし、いつもとペースも変わらないんですが、
そんなに心肺が上がっていると言う感覚も無い。


こりゃぁ僕が強くなっちまったんですね…


半分冗談、半分本気w
と言うのも最近ツイッターなどでお会いする人やうちのおとん等の
速い人達と一緒に走っているせいか、速度に慣れてきているんですよね。
この感覚は誰しも味わっていると思うんです。
始めは35km出していると、めちゃくちゃ速いと思うんですけど、
それが自分で維持出来るようになると、普通に感じる様になる。
正にこれはうちのおとんが言う「速度に慣れるトレーニングをした」結果だと思うんですよ。
なので、2本目のラストスプリントでF先輩が46km程で引っ張られた時にも
千切れず着いて行けて、ロケット点火!
見事2本目のスプリントも頂きました。
これには先輩からも


「ほんまに速なったなぁ、こりゃ抜かれる日も近いんとちゃうか」


とお褒めの言葉を頂きました。
けど、この二人ともエンデューロが得意なんで、持久戦だと確実に負けますけどね!
そして3本目は流石に暑さでばてていましたので、30分一本勝負!
最後のスプリントは並ぶところまでは行ったのですが、抜ききらず。
結果スプリント2/3となりました。


今回のまとめとしては
堺浜みたいなド平坦でならなんとか先輩達には着いていけるかな?と言ったところ。
5月のお山ライド以来でしたが、あの時より体重も体脂肪も絞って
トレーニングメニューも変えたのでその影響かな?
しかし山が入ると一気に離されるんだよなぁ。
そこはまたトレーニングで補わないとですね!


さて今回はここまで、次回お楽しみに。
それでは、まだの機会に。



皆様のおかげでブログ続けて行けます!
良ければワンぽちお願いします!ぽち助だけにね!

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

良かったらツイッターもフォローして頂けると嬉しいです!








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント